ヒストリー

トップ > 会社情報 > ヒストリー

1923年10月 朝日電工所として創業
AEW扇風機製造販売。
我が国で初めて扇風機にアルミファンを採用し特許権を取得
1924年10月 朝日電気笛(モーターサイレン)を製造販売
1928年10月 朝日電機製作所に改称
アロー16mm,8mm映写機 国産初の16mm撮影機を製造販売
1937年 戦車、自動車のエンジンメタル製造(陸軍より依頼され製作)
1938年 海軍航空技術本庁へ電動航空光学写真機、来撃機用光学照準器、
小型変速モーターを納品
1945年4月 国産初小型モーターサイレンを製造販売。諸官庁・警視庁へ納品
1953年8月 アサヒジューサーミキサーを開発し製造販売
1955年4月 テープレコーダーと映写機をトーキ化させるトーキシンク
【発声同調機】を製造販売
1955年8月 アロー扇風機、換気扇、バフモーターを製造販売
1955年11月 法人に改組し称号を株式会社朝日電機製作所とする
1959年12月 社名をアロー株式会社に改称 商標をアローと定める
1961年8月 モーターサイレン・回転灯部門を分離しアサヒ電機株式会社を設立
1962年4月 国産初の電子サイレン『アロートライレン』を開発し製造販売
緊急自動車用電子サイレンを『トライレン』の商標で製造販売
1963年7月 アロー株式会社 徳庵工場新築 (現在の金属切削加工工場)
『アロートライレン』製造販売部門を独立しアロー電子工業株式会社を設立
1964年3月 アロー株式会社 本社工場新築
1969年8月 松下電器産業株式会社と取引開始しテープレコーダーの生産をスタート
1976年3月 アロー株式会社 本社工場新築 (現在の本社工場)
1981年3月 アサヒ電機株式会社は松下電器産業㈱ビデオ事業部の
協力工場として業務開始
1986年5月 回転灯「ピカミニッコ80、120シリーズ」で遊技事業分野へ参入
1988年10月 ホーンスピーカー一体型回転灯『ビッグホーン』で
グッドデザイン賞初受賞する
1992年3月 近畿興産ビル新築 (現在の本社ビル)
1993年10月 呼び出しランプ初号機となる『ギンガ』を製造販売
パチンコホール向け回転灯『ミニッコ・ルビー』を製造販売
2001年2月 ISO9001の認証取得
2001年4月 東大阪市に商品センターを開設
2002年3月 パチンコホール向けワゴン販売用オーダーシステム
『ワンタッチオーダー』を販売
2002年4月 ISO14001の認証取得
2003年4月 アサヒ電機株式会社『シグナリング製品部門』を
アロー電子工業株式会社へ事業譲渡
2004年12月 アローグループ福利棟を新築
2005年11月 アサヒ電機株式会社 名古屋営業所新築
2006年4月 回転灯『ミニッコ・ルビー』は1993年5月発売以来50万台達成
2006年9月 パソコンから呼び出しランプを一括制御できるシステム
『ランプネット』を販売
2007年4月 アサヒ電機株式会社とアロー株式会社は事業統合し
『株式会社oneA』に改称する
2008年2月 シュナイダーエレクトリック社と業務提携締結
2008年4月 組立工場や物流倉庫の要望から生まれた品質向上ツール
『ポカよけシャッター』を製造販売
2011年3月 リチウムイオン二次電池生産工場からの要望で生まれた品質向上ツール
『電解液漏液検査装置』を製造販売
2013年2月 パチンコホール台データをスマートフォンで閲覧できる『ワンナビ』を販売
2013年3月 呼び出しランプ50機種目となるタッチパネル液晶呼び出しランプ
『ビッグウォーズタッチ』を製造販売
AEW扇風機
AEW扇風機
アロー16mm映写機
アロー16mm映写機
モーターサイレン
モーターサイレン
ビッグホーン
ビッグホーン
ミニッコルビー
ミニッコルビー
ギンガ
ギンガ
ワンタッチオーダー
ワンタッチオーダー
ポカよけランプ
ポカよけランプ
リチウムイオンニ次電池電解液漏液検査装置
リチウムイオンニ次電池
電解液漏液検査装置
ビッグウォーズタッチ
ビッグウォーズタッチ
〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3-30-20  TEL 06-6962-7771 FAX 06-6967-3020
Copyright(c)2013 by oneA CO.,LTD. All rights reserved